FURUKAWA ELECTRIC GROUP

沿革

1971(昭和46)年 10月 栄光開発株式会社として設立(古河電工電気工業株式会社全額出資)。
古河電工の遊休地を活用しての不動産及びレジャー産業への進出を図る。
1972(昭和47)年 8月 千葉県市原市にボウリング場「ロコボウル」を開設。
1972(昭和47)年 12月 宅地建物取引業の免許を取得し、不動産業を開始。
1976 (昭和51)年 9月 三重支社を古河電工三重事業所内に開設し、古河電工向けの福利・厚生・庶務業務を開始。
1977 (昭和52)年 3月 一級建築士事務所開設。
1977 (昭和52)年 10月 平塚支社を古河電工平塚事業所内に開設。
1977 (昭和52)年 12月 古河電工本社内にて事業開始(現東京支社)。
1979 (昭和54)年 6月 千葉県市原市にて中古車販売業を開始(カーセンター)、同時にあいおい損保の代理店となる。
1979 (昭和54)年 9月 東京都港区のビルを取得し、貸ビル業を開始。
1986 (昭和61)年 2月 横浜事業所を古河電工横浜事業所内に開設。
1986 (昭和61)年 7月 栃木県日光市にて宅地分譲(162区画)開始。
1987 (昭和62)年 2月 神奈川県横浜地区にてビルメンテナンス事業開始、以降全国展開。
1987 (昭和62)年 10月 一般労働者派遣業開始。
1989 (平成元)年 7月 大阪事業所を古河電工大阪事業所内に開設。
1993 (平成5)年 7月 栄光ライフ(株)へ社名変更。
古河精密金属工業出資(出資比率 古河電工80%、古河精密20%)。
1996 (平成8)年 7月 福井事業所を古河スカイ福井工場内に開設。
2000 (平成12)年 1月 ジェフユナイテッド市原・千葉 千葉姉ヶ崎練習グランドの芝生管理受注。
2000 (平成12)年 8月 海外渡航事業(一般旅行業)開始。
2001 (平成13)年 8月 三重支社にて製造請負事業開始、以降千葉、平塚、北九州、日光等へ全国展開。
2002 (平成14)年 4月 古河ライフサービス(株)へ社名変更。
2004 (平成16)年 4月 人材派遣で製造派遣が解禁され、同分野へ進出。
2004 (平成16)年 7月 日光市に日光人材サービス部を開設。
2005 (平成17)年 4月 九州事業所を開設。
2006 (平成18)年 2月 有料職業紹介事業開始。
2007 (平成19)年 4月 古河電工100%子会社の旧晃栄産業(栃木県日光市でレストラン、スポーツジム等を運営)と旧古河電工旭開発(栃木県小山市でゴルフ練習場、東京目黒でビル管理)の2社を吸収合併。
日光支社、小山事業所、東山事業所を設置し、2社の事業を継承。
2010 (平成22)年 7月 古河精密金属工業が保有全株式を古河電工に譲渡し、古河電工100%子会社となる。
2013 (平成25)年 9月 日光季潤舎、SCN閉店。
2014 (平成26)年 3月 福井事業所閉鎖。
2014 (平成26)年 4月 滋賀事業所開設。
2015 (平成27)年 12月 カーセンター閉店。
2016 (平成28)年 4月 ロコボウル閉店。
2016 (平成28)年 6月 福岡サービスセンター開設。
2017 (平成29)年 4月 東山事業所 閉鎖。
 
ページトップへ
ページトップへ